ページのトップへ戻る

教えて巻き爪先生~外反母趾かも!重大な足病に?

2022年08月20日

皆さんこんにちは♪渋谷巻き爪補正店です

いつもブログをお読み頂きありがとうございます

今回は外反母趾に関連する重大な足病】と外反母趾の予防対策】

についてお話させて頂きます。

『外反母趾』は皆さんご存じと思います。では外反母趾になってしまうと足にどのような影響があるのでしょうか?

 

■■■外反母趾の原因■■■

最も多い原因として合わない靴、先が狭くなった靴やハイヒールです。

その他の原因として

・足の筋力低下

・骨格形状(第2趾より拇指が長い、生まれつきの足の形、遺伝など)

・横アーチの低下(開帳足)、偏平足

・関節リウマチなどの基礎疾患がある

 

■■■外反母趾による影響■■■

外反母趾を伴うお足のほとんどがアーチの低下した偏平足や横アーチが低下した開帳足となっています。アーチの構造に歪みが外反母趾の最大要因にもなってきます。

では外反母趾が進行するとどうなるのか?

外反母趾は歩行時に親指で蹴り返すことが出来ず、代償で他の指で蹴り返す役割を担います。爪は元々巻くような性質があります。歩行時に地面からの力が加わることで爪が平らとなります。しかし蹴り出す親指が使えないということは、巻く力が勝ってしまい巻き爪となってしまいます。また外反母趾の方はアーチが破綻して偏平足、開帳足になっているため、第2趾の付け根や小指の付け根にタコや魚の目を生じてしまいます。

このように外反母趾の方は重大な足病のリスクが非常に高くなります

さらに進行すると、親指が第2・3趾の下に入り込み、脱臼を招く恐れがあります。また、親指の付け根の突出部が靴に当たり、赤く腫れ、その突出部には神経が走行しているため、痛みや痺れが生じることがあります。

 

■■■外反母趾の対策■■■

 

〇靴を選び…ハイヒールなどの踵が高く、先の細い靴は控える。自分の足に合った靴選びが重要になってきます。

〇タオルギャザー運動

 

 

〇ホーマン体操

〇つま先立ち運動

〇インソール…外反母趾はアーチが低下して偏平足や開帳足となっている方がほとんどですのでアーチの破綻が外反母趾の最大の要因にもなっているので、アーチをサポートしていくことが大切となってきます。

〇外反母趾セパレーターや外反母趾サポーターグッズ…関節拘縮を予防する効果はある程度ありますが、外反母趾を矯正するまでの効果までは難しい

保存療法を試みても症状が改善されない場合や角度が強い重度の場合(角度の指標がある)は最終的な治療として手術療法もあります。手術に関することは医療機関にご相談ください。

 

外反母趾が進行しないように予防対策していくことが大切となってきますので、是非ご自身のお足を見直してみてください。

また皆さまに大切な情報を発信していきます‼

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

インフォメーション

お問い合わせ

巻き爪施術数日本トップクラスの実績。爪と足の専門家にお任せください!

渋谷巻き爪補正店

  • 電話番号:03-6416-9898
  • ネットの予約・お問い合わせ
  • 受付時間:午前10:00-午後20:00。定休日 木曜日/土日祝も営業
外観
店名
渋⾕巻き⽖補正店
住所
渋⾕区桜丘町30-17 103BLDG2階
アクセス
渋⾕駅より徒歩5分 セルリアンタワー東急ホテル裏すぐ