ページのトップへ戻る

巻き爪・変形爪・副爪でお困りの方|巻き爪補正店Group【8月分完了】

2022年09月12日

巻き爪補正店Groupでは足・爪でお困りの方は足トータルケアのサポートをしております。

本日は巻き爪補正店Groupでケアしております3つの症状についてお伝えしていきたいと思います。

巻き爪・陥入爪

巻き爪や陥入爪は爪が皮膚を刺し、痛みや違和感を与える爪のトラブルです。

最初は少しの違和感を感じますが、爪が皮膚を継続的に刺激を与える事で日に日に痛みが増し、日常生活に支障をきたす事もあります。

また、巻き爪や陥入爪は進行性の爪のトラブルになりますので、徐々に爪の形が変化している疾患となりますので、そちらにしても早めのケアが非常に大切になります。

分厚い爪・変形爪

爪の機能が失われる事で正常に伸びる事ができなくなり、爪が「分厚い」「変色」「変形」などを起こす爪のトラブルです。

原因は様々ですが、一度上記のような状態になってしまうと時間が経過しても元の正常な爪へと戻る事は少ないです。

変形爪は痛いや違和感があるなどの自覚症状がないので、時間が解決してくれると思われる方も多いですが、時間の経過とともに変形が強くなり、改善も時間を要する事になるので、こちらも早めのケアが大切となります。

  • 爪の色が悪い、、、
  • 爪が分厚い、、、
  • 爪が中々伸びない

上記の症状がある方は放置をしないでご相談ください。

副爪(ふくそう)

足の小指の爪横に出来る爪みたいなモノとなります。

  • 足の小指の爪が痛み
  • 小指の爪が割れて伸びる
  • 割れている爪がひっかかり痛みがです

上記でお困りになられている方はとても多いです。

副爪は「爪」ではなく「角質」となります。

「角質」には血管や神経が通っていないので、キレイに取り除く事が可能です。

小指の爪が割れて伸びてきたり、痛みがでてきた際は「副爪」の可能性が高いです。

 

本日は巻き爪補正店Groupでケアをしております、3つの症状について簡単にご紹介させていただきました。

足や爪の症状は日常の歩行に影響をきたし、足という「土台」が崩れる事で様「膝」「股関節」「姿勢」など様々な場所にまで負担がかかってしまいます。

少しでも異変を感じる事がありましたらお近くの店舗までご相談ください。

巻き爪補正店Group一覧

本日もブログを見ていただきありがとうございました。

あなたの街の巻き爪補正店Group

インフォメーション

お問い合わせ

巻き爪施術数日本トップクラスの実績。爪と足の専門家にお任せください!

渋谷巻き爪補正店

  • 電話番号:03-6416-9898
  • ネットの予約・お問い合わせ
  • 受付時間:午前10:00-午後20:00。定休日 木曜日/土日祝も営業
外観
店名
渋⾕巻き⽖補正店
住所
渋⾕区桜丘町30-17 103BLDG2階
アクセス
渋⾕駅より徒歩5分 セルリアンタワー東急ホテル裏すぐ