ページのトップへ戻る

陥入爪(かんにゅうそう)

まずは渋谷巻き爪補正店の驚きのビフォーアフターをご覧ください

  • 施術前
    before
    施術後
    after
  • 施術前
    before
    施術後
    after
  • 施術前
    before
    施術後
    after

※お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

渋谷の皆さん、巻き爪、深爪、変色した爪など、足のお悩みはありませんか

陥入爪

  • 痛みを抑えようと、爪の端を短く切ってしまう
  • 爪の食い込みが強く、中々皮膚の外に出てこない
  • 痛みが出ては切っての繰り返し
  • この爪、自分ではどうする事もできなくなった
  • 陥入爪を治したいけれど、病院で爪を切るのは痛そうで嫌

その症状、もしかした陥入爪かもしれません!

 

爪と足の専門家にお任せください!

陥入爪は巻き爪より厄介なトラブル爪、、、

「巻き爪」「陥入爪」どちらも痛みを与える爪の変形であり、放置すると重症化してくるのが、「陥入爪」です。

その理由として

ヒトは歩行時に体重が常に指先(爪)に加わっております。

「巻き爪」は重度に進行する事で、爪サイド(両端)が横に向きます。

見た目の形状は強い角度になりますが、痛みについては無くなりやすい傾向にあります。しかし、陥入爪の爪サイド(両端)は真下を向くので、歩いている時、立っている時などで自分の体重が指先にのしかかり、爪が皮膚を直接刺激してしまうので、皮膚が傷つきやすく、放置する事で「肉芽(炎症の塊)」のような物を作ってしまい、出血や膿みが出てしまう状態になりやすくなります。

また、皮膚のトラブル(出血、膿)が出てしまうと施術も難渋しますので、痛みや違和感が出た際には早めの対応が大切になります。

「陥入爪」ってどのような爪の状態?巻き爪と陥入爪の違い

爪が皮膚に刺さり痛みを与える形状としては二つの種類があります。

「巻き爪」と「陥入爪」です。どちらも爪が皮膚に刺さり痛みを与えさせますが、形状として少し違いがあります。

「陥入爪」とは爪のサイドが皮膚に沈み込むタイプの爪であり、「巻き爪」とは爪が巻いて皮膚に刺さるタイプの爪であります。

巻き爪で悩む男女は、多く世間的に認知されていますが、「陥入爪(かんにゅうそう)」といって、爪のサイドが皮膚に沈み込んでしまう状態の爪のお悩みがあります。

陥入爪は皮膚に埋もれているように見受けられます。

陥入爪になる原因とは

陥入爪は爪が原因はなく、あなたの私生活や足の形状など様々の原因でなります。

「巻き爪」「陥入爪」になる原因

・靴(ヒール、パンプス、指先に負担・圧迫される靴)
・扁平足(土踏まずの衰えにより足裏筋肉が弱くなり、平らな足裏になる事)
・浮指(親指が上を向いていまう状態)
・爪切り(深爪、爪の角を斜め切り)
・爪疾患(爪水虫)
・遺伝
・体重(妊娠等で一時的な体重増加)
・歩行不足(歩かなくなると爪は巻きます)

上記の原因が「巻き爪」「陥入爪」にさせてしまいます。

ですので、靴の見直しや現状の足の形がどのようになっているか把握する必要があります。

当店では、カウンセリング時に「陥入爪」「巻き爪」になっている原因を的確に「見て」「聞いて」アドバイスさせていただくと共に、予防方法等もお伝えさせていただきながら、お爪の改善を包括的にサポートさせていただきます。

巻き爪補正店での陥入爪の施術方法

※お客様の爪の状態によって、経過には個人差がございます。

当院での施術法

当補正店では、陥入爪になってしまったのは何が原因なのか?最初に原因を見極めて、再発しないことを大事に施術を進めます。
また、女性の方に8割ご来院頂いている背景には、爪の上に器具がついていることが分からないように透明のものを使用し、ネイルもして頂けるという点です。
「痛みもなくして、美しい爪の仕上がりになりたい」
そんな方に、当院の陥入爪施術はオススメです。

当院では、爪を切りません、施術による痛みはありません、見た目で補正していることが分からない補正をご提供しております。
「病院を考えているけれど、爪を切り取るのが怖い…」
そんな方は、是非一度、東京巻き爪補正店で、貴方の爪のお悩みをお聞かせ下さい。

足に関するお悩みでしたら、どんなことでも当院は力になれると思っております。

 

 

 

陥入爪予防方法

予防で大切なことは先ずあなたの陥入爪は何が原因でなったのかを明確に把握する事です。

それにより予防方法は異なります。

特に陥入爪で多い原因は「爪切り」です。

深爪、爪を斜めに切ってしまう、いわゆる悪い爪切りをする事により、爪周りの皮膚が爪に被さってしまい、成長する爪はそのまま皮膚に刺さってしまいます。

しかし、一度「陥入爪」になってしまうと、正しい爪切りをしても元の状態に戻る事はございません。

手順としては、一度補正により平らな爪に戻してからの正しい爪切りが大切になります。

また、足が乱れている方(扁平足)も陥入爪になるケースがあります。

「私は扁平足ではない」このように思われる方は多いですが、実は足のトラブル(巻き爪、陥入爪、外反母趾、タコ、ウオノメ)がある足は殆どの方が扁平足なのです。

扁平足の方は扁平足を予防するアイテムを日常から使用し、予防に努めていただく事が大切になり、あなたの大切な足を守る事に繋がります。

先ずはあなたの陥入爪の原因は何なのか、足を診させていただき、原因にあった予防方法をお伝えさせていただけたらと思います。

お問い合わせ

巻き爪施術数日本トップクラスの実績。爪と足の専門家にお任せください!

渋谷巻き爪補正店

  • 電話番号:03-6416-9898
  • ネットの予約・お問い合わせ
  • line予約・お問い合わせ
  • 受付時間:午前10:00-午後20:00。定休日 木曜日/土日祝も営業
外観
店名
渋⾕巻き⽖補正店
住所
渋⾕区桜丘町30-17 103BLDG2
アクセス
渋⾕駅より徒歩5分 セルリアンタワー東急ホテル裏すぐ